浜瀬歯科

浜瀬歯科

CONCEPT治療コンセプト

歯科医師が患者さんと真剣に向き合って行う治療。それが浜瀬歯科の本質です。

きっちりと誠実に、本当の意味で患者さんのためになる治療を行うために、浜瀬歯科では医師を含めスタッフ全員が患者さんと真剣に向き合って治療を行います。 ですが、医師だけが頑張っていても本当の意味での良い治療は行えません。患者さんと向き合い、一緒になって真剣に治療に取り組むことで、最高の治療を行うことができます。 治療の過程で、時には患者さんに様々なお願いをしたり、ご協力いただくことがあるかもしれませんが、それは本当にベストな治療を行うために必要不可欠な内容になります。 経験と知識に基づいた医師やスタッフが、患者さんの歯や口の中のトラブルに関する解決方法を必ず見つけ出すことができるよう、誠心誠意取り組みます。

根拠に基づいた高度な歯科治療を行います。

治療において、患者様にとって最も適切な治療方法の判断は、しっかりとした根拠に基づいたも のでなければなりません。より確かで高いレベルの治療を目指していく上で重要なことが2つあります。 1つ目は最新の情報や文献であり、もう1つは歯科治療の技術の質であり、そのどちらかが欠け ても正しい診断や治療方針を判断することはできません。 常に最新の情報を取得し、それを患者様に正しく適用するための高度な技術を身につけること で、初めて本来の歯科医療を実現することができます。 そのために浜瀬歯科では、積極的に研修会や講習等に参加し、そこで得た最新の知識や技術を患者様に還元すべく、努力をつくしてまいります。

歯医者さん本来の「治療」を大切にしています。

最近は虫歯が減少傾向にありますが、それでも実際はまだまだ虫歯で悩む患者さんが多いのが現状です。小さい頃の歯科治療が不十分だった方や、働き盛りで治療の時間がとれず、放置していたために虫歯が進行してしまった方など、多くの方が歯に関するトラブルを抱えています。 さらに、最近では歯周病の問題があります。現在、日本では成人のおよそ8割~9割が歯周病であるといわれる程です。 浜瀬歯科では、一般的な歯科治療のみならず、口腔外科やインプラント等、高度な技術を要する治療や小さな手術等、幅広い治療に対応できますので、敬遠されがちな持病(基礎疾患や糖尿病、高血圧、脳梗塞などを過去に患った方 等)をお持ちの方や総合病院でないと対応できないと言われた方でも当院で治療可能な場合が多々ございます。 ぜひお気軽にご相談下さい。

患者さん一人ひとりの大切な時間を尊重するために、守っていただきたいこと。

お忙しい中、治療にきていただいている患者さん一人ひとりの大切な時間を尊重するために、当院ではご予約いただいた診察時間を必ず守っていただけるよう、お願いしております。 当院では診察のご予約に空きがある場合を除き、飛び込みでの診察受付より予約の方を優先させていただいております。 ですので、予約をしていただいたにもかかわらず、お待たせしてしまうということがないよう、心がけております。また、治療にかかるお時間も、想定していた時間を延長して行うことがないように心がけておりますのでご安心下さい。

治療だけでなく、予防から歯を美しくする審美歯科(審美的な治療)まで、トータルに正しくお口の中をケアします。

私達の歯は、28本揃っていてはじめて健康が保たれていると言えます。ただ白くて形が整っていれば良いというものではありません。まずは患者さんのお口の中全体のバランスを考え、その上で機能的に治療してこそ本当の意味での審美治療であると考えています。 美しく整った歯並びは、虫歯や歯周病の予防やお口の健康維持につながります。さらに、理想的な噛み合わせは消化を良くし、ひいては体全体の健康にもよい結果をもたらします。

年々ニーズが高まるインプラントは、内容を理解し納得のいく治療を。

私達は歳を重ねるにつれ、虫歯等の歯の病気、または事故等で歯を失うトラブルに見舞われることがあります。一度失った歯は、これまでは入れ歯かブリッジが主流でしたが、インプラントなら安定した噛み合わせを長期間保つことができ、自分の歯に近い外観・機能が期待できることから急速にニーズが高まっています。 メリットが多く大変注目されているインプラントですが、治療が比較的長期で、他の治療法と比べ費用の負担が大きいことから、治療前に不安を感じられる患者さんも少なくありません。 浜瀬歯科では、患者さんが安心して治療を受けていただけるよう、事前に治療内容や治療費について親切・丁寧にご説明し、必ず納得をいただいた上で治療に臨みます。

「すべては1本の歯から ― 」

28本すべて揃っていてはじめて保たれる歯の健康は、最初の1本の歯から崩壊が始まります。1本でも歯がなくなってしまえば、まわりの歯を使って補わなければならなくなります。なくなったその1本の歯のために、歯並びやかみ合わせ、そしてそれを取り巻く筋肉や周囲の歯にまでどんどん影響が広がっていきます。

小児歯科の重要性

自己治癒力が期待できない歯の病気を、それ以上の進行を防ぐためには小児期の頃からの正しい歯の予防、そして治療が必要となります。お子様が一生使うことになる歯を、この先もずっと健康で使い続けることができるよう、10年20年先を考えた治療を行っていきます。